家庭での脱毛方法

###Site Name###

脱毛をする方法は意外に多く、多様であり、様々な方法があります。
しかし、家庭での方法は、一般的、永久脱毛とは異なり、効果は一時的です。



髭剃り最も基本的であり、一般的な方法です。

その場しのぎではあるが時間がないときにこれだけ確実な方法はありません。

ただ毛が皮膚の中に残るため、太い場合点のように見えることもあります。
毛を剃った後に毛が太くなったり、濃くなったり、あるいは成長速度が速くなるという話は医学的に根拠がありません。

毛抜き皮膚の中の毛まで取り除くので、髭剃りの短所を補完します。
一番簡単でありながら一番痛いです。

また、一度にもせいぜい10個未満を抜くようになり、時間が大幅に消費され、紅斑や毛?炎を発生させたりするので、避けたほうがいいです。


除毛剤市販のクリームを塗るタイプがあります。

原理は、クリームの化学成分が毛の水分を増加させ、毛の弾力をなくし、ねじってちぎれやすくすることです。

最も簡単に毛を除去することができますが、髭剃りと同様に、毛が皮膚の上だけで除去されるので、その場しのぎであり、何よりも皮膚に悪い影響を与えます。


脱毛器髭剃りのような形をしている機器を使用する方法です。

毛抜きで抜くのと似ているが、トラクターみたいに一度に広い面積の毛を引き抜くことができます。
便利ですが痛く、さらに、紅斑などが容易に発生する可能性もあるので、あまり使用されていません。


ただし最近では、クーラー付きで痛みを抑えた製品も出ています。



また、レーザー脱毛器も発売されています。



性能は、病院でのレーザー脱毛ほど優れてはないが、ほぼ同じような効果があります。

ワックステープワックスを簡略化した形で事前にテープの形式で作られているので、あえてワックスを使う必要がなく、テープを付けて、剥がすだけです。